シャンパーニュ好きの皆さんへ

M’s Salon de Champagne ロゴ

*

HOME >> シャンパーニュあれこれ >> シャンパーニュとのおつきあい

ブログ1:シャンパーニュの食卓

ブログ2:マニアック・シャンパーニュ

ブログ2:シャンパーニュ販売

ブログ3:シャンパーニュ・バー・ポンポンヌ

シャンパーニュとのおつきあい

ご自分でシャンパーニュを選んで楽しみたいと思ったとき、いろいろな悩みも出てくるはずです。

でも、細かなことを気にしていてもきりがありません。ついつい敷居を高く考えてしまいがちなシャンパーニュですが、まずは簡単に、自由に、シャンパーニュを楽しんでみましょう。

シャンパーニュの購入

ノン・ヴィンテージのシャンパーニュの場合、私達には製造年がわかりません。

今年販売されたボトルも、5年前に販売されたボトルも、エチケットの記載は何も変わらないからです。ですから、シャンパーニュを購入する場合は、できるだけ回転がよい信頼の置けるワインショップで購入するのが一番です。あまりワインの売れないお店では、何年もの間置かれていたシャンパーニュを買ってしまうことになりかねないからです。

シャンパーニュを選ぶには?

例えばスタンダードクラス(ヴィンテージのない物)の場合なら、“白いシャンパーニュ”か“ロゼシャンパーニュ”か、または“辛口(BRUTブリュット)” か“やや甘口(DEMI SECドゥミセック)”かなど、ある程度カテゴリーを決めておくとスムーズです。

また、「メゾン」名もシャンパーニュ選びの重要な手がかりになります。

日本でもよく知られたメゾンには「ヴーヴ・クリコ」「モエ・テ・シャンドン」「ポメリー」などがありますが、シャンパーニュのエチケットには、“Champagne”の文字とともに、必ずこれらの“メゾン”名が書かれています。好みのシャンパーニュを見つけるためには、この「メゾン」の味を飲み比べていけばいいのです。各メゾンは、自社の個性を大切にした「ブレンド」を行ってシャンパーニュの味を表現しています。

食前から食後まで

日本ではまだまだ食前酒のイメージが強いシャンパーニュですが、フランスでは食事の初めから終わりまでシャンパーニュで通すことも珍しくありません。シャンパーニュはワインより食事に気を遣わず、食前・食中・デザートに、食後に、いつでも飲むことのできるお酒です。

デリケートで繊細な和食との相性も非常によく、食後であればチーズや果物とも楽しめます。

シャンパーニュの保存

ワインセラーが無い場合、短期間の保存であれば冷蔵庫で充分です。

しばらく開ける予定がなければ、できるだけ光が当たらない、比較的涼しい場所で保管してください。よく言われるのは、押入れ・・・、熱と光から遠ざけてあげることを第一に考えて、最適と思われる場所を探してください。

飲む温度

冷蔵庫で冷やすなら、飲む4時間前、氷を入れたクーラーなら20分前に冷やせば大丈夫。シャンパーニュだからと言って、冷やしすぎは禁物です。香りも味わいも、冷えすぎていると閉じこもってわかりづらくなってしまいます。

初めての方におすすめの開けかた

お祝いの場所では、ポンッと音をたてて演出したりしますが、本来は「淑女のため息」と言われるほどの儚い音で開けるのがマナーです。

まだシャンパーニュを開けたことがない、という方に一番易しい開け方は・・・

 

  1. ボトルを真直ぐ立てて置いて 
  2. 左親指で、コルクが飛ばないようにしっかり押さえて、右手で針金をゆるめます
  3. 真上からナプキンをかぶせます(左親指はそのまま)
  4. 右手で上から押さえるようにしながら、コルクを左右に動かし、静かに抜いてください。 このとき左手でしっかりボトルをささえておきます。

グラス

シャンパーニュはフルートグラスでいただくのが一番です。シャンパーニュは、香り・味わいもさることながら、金糸のように連なる泡を眺めるのも醍醐味だからです。フルートグラスにもいろいろな形がありますが、スッとしたスリムな形よりも、ふっくらとしたフォルムの方が、香りの為にも有効。色もつかず、カッティングもされていないシンプルなものがおすすめです。

シャンパーニュの注ぎかた

グラスになみなみと注いでしまうのは、香りがわからなくなるのでよくありません。注ぐのはグラスの6分目あたりを目安に。グラスの中の空間が、香りを立ち上がらせるのです。

シャンパーニュは泡が立つので、一度に注ぐのは無理、数回に分けての注ぎ足しで構いません。

残ってしまったシャンパーニュは

シャンパーニュ専用のストッパーがあります。百貨店やワインショップで購入できますので、ひとつ用意しておくとよいでしょう。

ストッパーをしておいてもガスが弱くなってしまった場合は、ジュースで割ってカクテルにしたり、アイスクリームにかけたり、自由な発想で最後まで楽しんでください。