シャンパーニュ好きの皆さんへ

M’s Salon de Champagne ロゴ

*

HOME >> シャンパーニュあれこれ >> ブドウと造り手

ブログ1:シャンパーニュの食卓

ブログ2:マニアック・シャンパーニュ

ブログ2:シャンパーニュ販売

ブログ3:シャンパーニュ・バー・ポンポンヌ

ブドウと造り手

3種類のブドウ

シャンパーニュで使用してよいブドウ品種は、次の3種類と決められています。

3種類をアサンブラージュ(ブレンド)したり、単独で用いたりしながら、それぞれの品種の個性を考慮したシャンパーニュ造りがされています。

〔白ブドウ〕
シャルドネ    Chardonnay 酸味、繊細さを与え、花の香、ミネラル香を生む
〔黒ブドウ〕
ピノ・ノワール Pinot noir 豊潤なコクを与え、果実の香りを生む
ムニエ      Meunier 味わいにやわらかさ、フルーティーさを与える

実は昔のシャンパーニュ地方では、上記のほかに4種類を加えた7種類でシャンパーニュを造っていました。近年、シャンパーニュの古代品種となった4種類を再び栽培してシャンパーニュ造りをするメゾンも現れています。

造り手のいろいろ

シャンパーニュの生産者にも、大手から家族経営等の小規模生産者まで、多様な形態があります。

その形態を知る手がかりになるのが、エチケットの隅に小さく記載されている、認可番号の先頭に記されたアルファベットです。

NM・・・ネゴシアン・マニピュラン
契約農家などからブドウを買い付けて醸造する
一般的に大手生産者
【NMの造り手】
モエ・テ・シャンドン Moet & Chandon
ヴーヴ・クリコ Veuve Clicquot
ローラン・ペリエ Laurent Perrier
など
RM・・・レコルタン・マニピュラン
ブドウを買い付けせず、自ら栽培したブドウのみで醸造する一般的に家族経営等の小規模生産者 【RMの造り手】
エグリ・ウーリエ Egly Ouriet  
アラン・ロベール Alain Robert
CM・・・コオペラティブ・マニピュラシオン
ブドウの栽培者同士が協同組合を作って一緒に醸造する 【CMの造り手】

ニコラ・フィアット Nicolas Feuillatte

マイィ Mailly
MA・・・マルク・ダシュトゥール

生産者のブランドではなく、オーダーにより顧客のためのオリジナルブランドを造る
エチケットにはレストラン名など顧客名が入り、実際にシャンパーニュを造った生産者の名

前はどこにも記載されない
【MAの造り手】

ペニンシュラ(ホテル)・・・醸造はドゥーツ Deutz(NM)

トゥールダルジャン(レストラン)・・・ 醸造はR&Lルグラ R&L Legras(NM)