シャンパーニュ好きの皆さんへ

M’s Salon de Champagne ロゴ

*

HOME >> シャンパーニュあれこれ >> 製法

ブログ1:シャンパーニュの食卓

ブログ2:マニアック・シャンパーニュ

ブログ2:シャンパーニュ販売

ブログ3:シャンパーニュ・バー・ポンポンヌ

製法

時期 行程 説明
9月中旬頃~ Vendange - 収穫 必ず手摘みで収穫

収穫後すぐ

pressurage - 圧搾 収穫後すぐに圧搾所へ運び、色がつかないように、そーっと透明なブドウ果汁を搾る

10~15日間

Fermentation alcoolique - 一次発酵 畑ごと、ブドウ品種ごとに別々にステンレスタンクや木樽に入れ、アルコール発酵を行い、ブドウ果汁をワインにする。

翌年2月頃

Assemblage - 調合 アサンブラージュ 一次発酵でできたワインに、収穫年、畑、ブドウ 品種の異なる数十種類ものリザーブワインをブレンドし、各メゾンのスタイルに沿った味わいに仕上げる。
  Tirage - 瓶詰 ティラージュ ブレンドしたワインを瓶詰めして、二次発酵のための酵母と砂糖を加えて王冠で塞ぎカーヴに寝かせる。
6~8週間 Deuxieme Fermentation - 瓶内二次発酵 瓶内で二度目のアルコール発酵が起きる、発酵の過程で出る炭酸ガスは瓶に閉じ込められ、これがシャンパーニュの泡になる。

<アルコ-ル発酵>
酵母が糖分を分解してアルコールと炭酸ガスを作り出す。
  Vieillissement en bouteilles - 瓶内熟成 二次発酵を終えたシャンパーニュはカーヴに寝かされたまま瓶内の澱(オリ)とともに長い熟成に入る。最低熟成期間は法律で定められている。
<最低熟成期間> 
ノン・ヴィンテージで   15ケ月以上
ヴィンテージで  3年~5年
プレステージで     5年~7年
5~6週間 Remuage - 動瓶 ルミアージュ 瓶内の側面にたまった澱を取り除くための動瓶作業。 瓶口を下に向けて澱下台(ピュピートル)に並べ、 毎日少しずつ瓶をゆらしながら徐々に傾け、 澱を瓶口に集めていく。
但、現在は機械化されている場合が多い。
  Degorgement - 澱抜き デゴルジュマン 瓶口に集まった澱をとり除く作業。 瓶口をマイナス20℃の塩水に漬けて凍らせ、 一気に王冠を抜いて澱を飛び出させる。
  Dosage - 門出のリキュール添加 ドザージュ 澱を飛ばした際の目減り分を補う目的と、最後の品質調整として リキュール(ワインと砂糖)を加える。このときのリキュールは 出荷を祝う気持ちから「門出のリキュール」と呼ばれている。
この時の加糖量によって、シャンパーニュの甘辛度が決まる。
  Bouchage - 打栓 コルクを打って、針金で固定する。
瓶にはめられたコルクは、だんだんと細っていく。
  Habillage - エチケット貼 アビラージュ

各ブランドごとのデザインのエチケットを貼る。エチケットには必ず「Champagne」の文字が入る。